近藤医院

近藤医院 愛知県名古屋市東区出来町 内科・消化器科・小児科・アレルギー科

当院のご案内

当院の特徴

健康ニュース

診療受付システム

再来の方は、こちらから診察受付を行う事が出来ます。

携帯電話の場合は、下記のQRコードにて簡単につながります。
インターネットご利用の方は、こちらのページにて行ってください。

 

 

院長ブログはこちら

 

HOME»  大腸癌検診

大腸癌検診

Q:大腸癌検診で便潜血反応が陽性でした。何科にかかってどんな検査を受けたらよいですか?

A:
大腸癌の検診は便に付着する少量の血液を検出する便潜血反応で行います。この反応が陽性にでるのは必ずしも大腸癌ばかりではありません。

痔、大腸憩室、大腸ポリープなど色々な病気があります。

こういった病気を調べる検査には注腸X線検査と大腸内視鏡検査の二つがあります。

注腸X線検査は検査前日に食事制限と下剤の内服を行い大腸の中をきれいにしてから肛門から小指の先ほどの太さの管を挿入しバリウムと空気をいれてレントゲン写真を撮ります。

また、大腸内視鏡検査はやはり下剤で大腸をきれいにしてから肛門から人差し指程度の太さの内視鏡を大腸の奥深くまで挿入して大腸の内部を観察します。

どちらの検査もある程度の技術が必要ですから、できるだけ消化器専門医の受診をお勧めします。