近藤医院

近藤医院 愛知県名古屋市東区出来町 内科・消化器科・小児科・アレルギー科

当院のご案内

当院の特徴

健康ニュース

診療受付システム

再来の方は、こちらから診察受付を行う事が出来ます。

携帯電話の場合は、下記のQRコードにて簡単につながります。
インターネットご利用の方は、こちらのページにて行ってください。

 

 

院長ブログはこちら

 

HOME»  アルコール摂取量について

アルコール摂取量について

Q:仕事上、お酒を飲む機会が多く心配です。どれくらいなら大丈夫なのでしょう。

A:
アルコール摂取による身体の障害は、よく知られる肝臓だけでなく、膵臓、食道、胃、脳、心臓、血液などいろいろな臓器に及びます。

アルコール摂取による障害は個人差も大きいため自分は大丈夫と考えていらっしゃる方も多いようですが、体に障害を起こさないアルコール量としては、一日25g程度とされ、お酒の種類には関係ありません。

これは、日本酒に換算すると1合、ビール大瓶1本程度といわれています。一方、毎日3合程度の常習飲酒を続けると、男性は20年程度、女性はアルコールに対する感受性が高いため10年程度で肝硬変まで至る可能性もあります。また、飲酒量が多いと、膵炎、胃潰瘍、大腸癌や食道癌などのリスクも健常人に比べて高くなるため注意が必要です。

アルコール摂取について心配がある方は内科を受診し相談されることをお勧めします。