近藤医院

近藤医院 愛知県名古屋市東区出来町 内科・消化器科・小児科・アレルギー科

当院のご案内

当院の特徴

健康ニュース

診療受付システム

再来の方は、こちらから診察受付を行う事が出来ます。

携帯電話の場合は、下記のQRコードにて簡単につながります。
インターネットご利用の方は、こちらのページにて行ってください。

 

 

院長ブログはこちら

 

HOME»  胃腸炎、胃腸風邪?

胃腸炎、胃腸風邪?

Q:夜中に吐き下しでつらい思いをしました。食中毒と胃腸風邪の違いを教えてください。

A:
感染性の胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。冬はウイルス性が多く、胃腸風邪と一般的に言われます。冬以外は細菌性が多いようです。区別することは難しく、摂取した食事内容、季節性や流行状況から判断します。

細菌性の腸炎はサルモネラ、病原大腸菌、カンピロバクタ、腸炎ビブリオなどをよくみかけます。原因は便の培養検査の結果が出るまではわからないので脱水などに対する対症療法が主体です。

ウイルス性の腸炎はノロウイルスや小児ではロタウイルスやアデノウイルスも原因になります。細菌性もウイルス性も治療は絶食と充分な水分摂取、補液しかありません。細菌性の場合は抗生剤を使う場合もあります。

脱水がひどい場合や血便などが出る場合は、早めに受診をお勧めします。